学生ローンとは

学生ローンとは、学生がメインのキャッシングのことです。基本的には、法律的に二十歳以上であれば学生でもお金を借りても問題はないのですが、バイトをしていても安定した収入がそのうち卒業して、環境が大きく変わる可能性が非常に高いこともあり、永続的ではない部分であったり、どうしても少額融資オンリーになってしまうので、貸金業者からすると魅力的な顧客とは言い難いところでもあるようです。

ですから、ほとんどの貸金業者は学生との契約を受け付けていないことろがほとんどです。

学生は常に親や友人に借りるという方法しか現金を手にすることができないような気もしますね。

このような学生たちに対して少額専門での融資をしている貸金業者があります。

これを学生ローンといいます。親や友人に頭を下げてお願いをしなくても、ビジネスライクに自己責任で現金を借入することができるようになっています。

学生ローン

利用目的は、旅行をはじめ、学費や就職活動費など自由に使うことができます。

学生ローンは基本的には全て自己責任で借入を行います。ですから、保証人や担保は必要ありません。業者もハナからダメなら親に払ってもらうという考えは持っていません。申し込みをした本人との契約になるので、返済が見込めない人には融資はしてもらえません。

ですから、安定した収入が必要ということになるのです。

安定した収入というのは、親からの仕送りであったり、自分がアルバイトをして稼いだお金でない限りは認められません。

日雇いなんかの収入も安定した収入とは認められていないですね。

学生ローンの借入金額は、どこの業者でも最高50万円となっています。ただし、他のキャッシングと違うところは、貸付枠を与えてもらえない融資というところです。
どういうことかというと、5万円を融資してほしいと思ったら、その都度審査を受けてから、振り込んでもらうという形になるので、貸付枠が20万円与えられるということではないのです。

貸付枠ではなくて、その金額の融資を希望して、業者も申込者の信用性で貸し付けの上限額を決めるので、いくらまでなら融資可能ですというような折り合いで話がついていきます。

ほとんど人と話をする必要がない大手所費者金融と比べてみると、人との接触も多いので、少し温かみすら感じますよね~。
ですが、過剰貸し付けは貸金業法で禁止されているので、こちらから希望する金額以上は無理矢理貸し付けをされることはないので安心してくださいね。