消費者金融のイメージがずいぶん変わった

消費者金融へのイメージは随分変わりました。消費者金融が世の中に現れた頃は、「怖い」、「強引な取り立て」、「自殺」等のイメージが消費者金融と聞いただけですぐ浮かびました。マスコミでも大きく取り上げられ社会問題となりました。

国会でも審議され新しい法律が生まれ、消費者金融は窮地に追い込まれました。倒産した会社もあれば、大手銀行の傘下に入り立て直しに成功した消費者金融もあります。

銀行の傘下に入った消費者金融は随分イメージが明るくなりました。銀行の信用力は大きいと感じました。○○銀行グループにあるということだけで消費者の見る目は180度くらい変わりました。そして世間を暗くした過去の消費者金融のイメージは払しょくされました。

また消費者金融会社は個人にお金を貸すだけでなく、保証などの業務にも力を入れ収益構造がかなり変わって来ました。個人にあくせくしてお金を貸し、返済が遅れたら取り立てに走ることも少なくなってきたようです。

消費者金融は過去を捨てて、新たな消費者への融資機関としてその役割を果たし始めているようです。金利も法律改正により低くなりました。取り扱う商品の数も増えています。個人消費者に一層身近な融資機関として認知されつつあります。消費者金融はこれからも安定した成長を続けていくと思います。